(三重県津市) 更新:2015年10月(2)
(いしばし) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

石橋のエノキ
「三重の巨樹・古木」のサイトによれば、幹周/4.96m、樹高/16m。
石橋のエノキ
背後に見えるのは近鉄大阪線。右下から大阪線のガード下はの道がかっての中勢軽便鉄道の線路跡。
石橋のエノキ
大枝が折れていますね、折れた跡がなんともかわいそうです。
石橋のエノキ
石橋のエノキ
沈下橋 雲出川にかかる
 沈下橋。後方は
 近鉄大阪線。
名称 : 石橋のエノキ
所在地 : 三重県津市一志町石橋 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/9/11 石橋のエノキ マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 近鉄大阪線・伊勢石橋駅から北東に約300m、徒歩5分。 【車】伊勢道・久居ICから国道165号を西に約4km、「クリーンセンター・くもず」の標識がある交差点を左折し約2kmでエノキの前に着きます。
もう5年も前のこと、名古屋へ出張に行って大阪への帰りに、急ぐことがなかったので新幹線をやめて近鉄のアーバン特急で帰ることにしました。夕方で暗くなり始めていたとき、鉄橋を渡っていると川の向こうに大きな木が見えました。うとうとしていたので、どの辺を走っているのか皆目見当がつかないままになっていましたが、やっと見つけることができました。
 見つけることができたのは、グーグルストリートビューのおかげです。本当に便利な機能ですね。市内だとほとんどの道路の風景を見ることができます。
 雲出(くもず)川堤防にある石橋のエノキですが、大枝が折れています。いつ、どうして折れたかは不明ですが、折れた方の幹にはキノコがいっぱいついていました。
 かつて、大正10年から昭和18年までの間、ここには「中勢軽便鉄道」の石橋駅があったそうです。またエノキのすぐそばの道路は雲出川に架かる沈下橋に通じています。橋は狭い上欄干もないのですが、結構車が通ります。大きなワゴン車も渡ってきてびっくりします。キューブで渡ってみたかったけれど、最近運転の方は余り自信がなくなってきたので止めときました。
 中勢軽便鉄道は現在の津市内の岩田橋駅から伊勢川口駅を結んでいました。軌間は762mmで非電化です。軽便鉄道は「けいべん」と呼ばれており、かっては全国に多くの路線がありましたが、現在は僅かにトロッコ列車で有名な黒部峡谷鉄道と、四日市あすなろう鉄道内部・八王子線が残るのみ。一度四日市には乗りに行きたいものです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(光月寺のクロガネモチ) (成福寺のイスノキ)
     
三重県  エノキ   新日本名木100選
     
No.1075