飯野神社のクス  (三重県鈴鹿市) 更新:2009年12月(10)
(いいのじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

飯野神社のクス(2本)
手前の楠が幹周/6.3m、樹高/25m。奥の楠が幹周/5.6m、樹高/25m。右に少し見えるのが神社の拝殿。
飯野神社のクス
地上3m程で5つの大枝に枝分かれしたクスノキ。
飯野神社のクス
神社拝殿に近くそびえるもう1本のクスノキ。こちらは地上5m程で枝分かれしている。
飯野神社のクス 飯野神社のクス
名称 : 飯野神社のクス
所在地 : 三重県鈴鹿市三日市2-27-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/3/1 飯野神社マップ
指定 : なし
アクセス : 近鉄鈴鹿線・三日市駅の西南約600m。徒歩で10分ほど。
飯野神社の祭神は、豊宇気毘売命(とようけびめのみこと)など。戦国時代、神戸城主であった神戸友盛が弘治元年(1555年)に社殿を造営し、その際、高市神社を遷して合殿としたといいます。飯野高市両神社と明治時代は呼ばれていましたが、大正13年(1924年)に社名を変更して現在の飯野神社となりました。
 クスノキは2本あり、拝殿から遠い方のクスが若干太いようですが樹齢は同じくらい。大きな痛みもなくこれからも大きくなりそう。天然記念物などの指定はされていませんが、広い境内で奔放に枝を広げています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(横川のムクノキ) (八柱神社の樟)
     
三重県 ク ス 新日本名木100選
     
No.308