(三重県鈴鹿市) 更新:2019年9月(17)
(じゅふくいん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

寿福院のタブノキ
環境省巨樹巨木林DBには登録がありません。幹周実測値/5.28m、樹高/約15m。
寿福院のタブノキ
寿福院の山門前左に善然上人お手植の「たもの大木」(寺宝)があります。
寿福院のタブノキ
本来主幹があったところは大きな空洞になっていまう。
寿福院のタブノキ
大きな枝が切られた跡がありますが、なかなら立派な根元をしています。
寿福院のタブノキ(裏側)
タブノキの後ろを見ると大きな空洞が。
寿福院のタブノキの葉
寿福院のタブノキの葉
寿福院のビャクシン
寿福院境内のビャクシン。
寿福院本堂
寿福院本堂
名称 : 寿福院のタブノキ
所在地 :  三重県鈴鹿市三日市2-22-12 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/6/13 寿福院マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 近鉄鈴鹿線・三日市駅から西に500m。 【車】東名阪道・亀山ICから国道1号を東に10.7km、「汲川原」を右折し南に600m、「汲川原橋南詰」を左折し県道45号を東に1.3m。近くのコンビニに駐めました。
如来寺・太子寺の両寺は、遠く推古天皇の御世に聖徳太子が創建したと伝えられます。そして、両ヶ寺を守護するために、それぞれに三坊の寺院を配置したとされます。合計六ヶ寺となりますが、二ヶ寺が廃寺となり現在四ヶ寺が残っています。その一つが寿福院で、門前には大きなタブノキがあります。
 善然上人お手植の「たもの大木」で寺宝として大切にされています。また境内にはビャクシンもあります。
 その後、親鸞聖人が関東より上洛の節此地に立寄られ、高弟の顕智・善然上人が留まられ、終世を念仏弘通のために尽されたといいます。両寺及び周囲の四ヶ寺ともに現在は真宗高田派に属します。
 「おんない念仏会」は、顕智上人(1310年頃)の遺影を求め、当時の装束(蓑笠、提灯等)で念仏を唱えながら上人を偲ぶ行事で、毎年8月4日に行われるもので、県の無形民俗文化財に指定されています。
 近くには「三日市町霊苑のタブノキ」、「飯野神社のクス」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(府南寺のアイナシ) (三日市町霊苑のタブノキ)
     
三重県  タブノキ    新日本名木100選
     
No.1952