(岡山県美作市) 更新:2009年12月(9)
(よこがわ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

横川のムクノキ
現地の説明板では、幹周/9.4m、樹高/25m、樹齢/推定1000年。新日本名木100選にも選ばれています。
横川のムクノキ
よく発達したムクノキに特有な板根(ばんこん)が特徴です。
横川のムクノキ
向こうに県道が見えます。広い広場の片隅に大きく枝を広げて「横川のムクノキ」は立っています。
横川のムクノキ 横川のムクノキ
ムクノキの幹周りでは県下2番目の太さです。 根元には荒神さんが祀られています。
横川のムクノキ
黒く熟れたムクの実。
横川のムク
※2016/10/14撮影の横川のムク。
名称 : 横川のムクノキ
所在地 : 岡山県美作市滝宮北川 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/11/15、2016/10/14※ 横川のムクノキ・マップ
指定 : 岡山県指定天然記念物 (H10年3月24日指定)
      新日本名木100選
アクセス : 【車】中国自動車道・美作ICから17km。
車で県道90号線を走っていると道路の北側に嫌でも眼に入る巨樹です。訪問時はほとんど葉が落ちてしまい、黒い小さな実がなっていました。岡山県では「国司のムク」に次いで2番目に幹周の大きいムクです。しかし、国司のムクは幹周が8.75mもありますが、幹が割れた状態で樹高がなく、現在ではとても県下一とはいえない状態です。
 「横川のムクノキ」は西側が広い原っぱになっており、その東の端に一本だけ独立して立っています。ムクノキ独特の板根もよくよく発達しており、見たところ空洞もなく、わが国を代表する健康な状態の椋の巨樹です。ここから南西に2kmほど行くと、かってF1グランプリが開催されたことで有名な岡山国際サーキットがあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(誕生寺の大イチョウ) (飯野神社のクス)
     
岡山県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.307