(愛知県新城市) 更新:2019年11月(17)
(あいてらしらとり) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

相寺白鳥神社のスギ
環境省巨樹巨木林DBによれば、2本の杉は幹周/7. 29mと6. 00m、樹高/共に48m。
相寺白鳥神社のスギ(右)
社殿に向かって右側のスギと樹名板。 幹周実測値/(右)7. 47m、(左)6. 49m。
相寺白鳥神社のスギ(右)
これも社殿向かって右側のスギです。社殿前は地元の方が工事をされていました。
相寺白鳥神社のスギ(左)
これは社殿向かって左側のスギです。大きな根張りが特徴です。樹齢7-800年と地元の方が教えてくれました。
相寺白鳥神社のスギ(左)
社殿向かって左側のスギです。根元の周囲には工事の資材が置かれていました。
相寺白鳥神社のスギ
社殿に登る石段の途中から見上げる2本の大杉。
名称 : 相寺白鳥神社の大スギ
所在地 :  愛知県新城市作手白鳥宮下7 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/10/6 相寺白鳥神社マップ
指定 : 新城市指定天然記念物 (S32年6月1日指定)
アクセス : 【車】新東名高速・新城ICから国道151号を西に5.3km、「杉山北」を右折し国道301号を北西に16.2km、右折し県道437号を南東に1.5km。駐車スペースあり。
相寺白鳥神社の創建は明らかではありませんが、日本武命(やまとたけるのみこと)を主祭神として祀ります。日本武尊を祀っている白鳥神社は三河地方に多く、新城市のうち旧作手村には何と11社もあります。
 全国でも白鳥神社が11カ所も集中している地域は珍しいと言われています。この相寺白鳥神社もその中の一社で、村上天皇が即位したのを記念して、天徳2年(958年)に神幣を奉納したと伝わる作手郷36ケ村の総社だった。
 ちょうど境内では地元の方が拝殿前で工事を行ってました。その資材や荷台などが置かれており、スギの写真に写り込んでしまいました。神社の維持に努力されていることがわかります。
 大杉は社殿前の左右に2本あり、共に幹周6mを超える巨樹です。特に向かって左側のスギは根元が大きく広がります。樹齢は7-800年とのことでした。
 近くには「古宮の大ヒノキ」や「古宮白鳥神社のスギ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(赤羽根のイヌナシ・イチョウ) (須山のイヌツゲ)
     
愛知県  ス ギ   新日本名木100選
     
No.1992