(岐阜県大垣市) 更新:2017年1月(20)
(つしま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

津島神社のスダジイ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7.20m、樹高/35m。
津島神社のスダジイ
スダジイは津島神社拝殿の右側にあり、斜めに大きく傾いています。
津島神社のスダジイ
スダジイの根元には五輪塔などの小石仏が並んでいます。
津島神社のスダジイ
スダジイは主幹が途中で切られていますが、樹勢には問題なさそうです。
津島神社のスダジイ
根元から支幹が突き出ています。根元には空洞が見られます。
津島神社のムクノキ
境内の東側にある「津島神社のムクノキ」です。 幹周実測値/4.90m。
津島神社のムクノキ
雨が降ってきたので車の中で休憩してから写したので、木材が濡れていますね。
津島神社のムクノキの葉
環境省巨樹巨木林DBにはムクノキが掲載されていないので、葉を写して確認しました。
津島神社のムクノキ 津島神社のカヤ
津島神社のムクノキ。 境内中央に立つカヤの木で、幹周実測値/3.02m。
津島神社拝殿 津島神社拝殿と
 左にスダジイ
津島神社社叢説明板 津島神社社叢
 説明板
名称 : 津島神社のスダジイ・ムクノキ
所在地 : 岐阜県大垣市上石津町奥185-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/11/3 津島神社マップ
指定 : 大垣市指定天然記念物 (S63年3月10日指定)
アクセス : 【車】名神高速・関ヶ原ICから国道365号を8.6km、「下多良」交差点を右折し西に1.4km。駐車スペースがあります。
境内にあった神社の由緒書きによれば、津島神社の祭神は、建速素盞鳴命(たけはやすさのおのみこと)、豊受比売命、久々能智命の三柱。昔は奥村にあった真言宗正覚寺の鎮守であったが、いつの頃か奥村・鍛冶屋村・谷畑村の3村の氏神となり、「天王さん」として村人の崇敬を集めたそうです。
 創祀不詳ですが、神社には延宝元年(1673年)の棟札があるという古い神社です。境内は宏大でかつ樹種が非常の豊富で、スダジイの巨樹をはじめ、ムクノキ、カヤ、ケヤキなどが茂ります。
 中でもスダジイは弊殿の左側にあり、大枝はすでに失われていますが、なかなかの迫力ある巨樹です。スダジイの前にはかっては人だったことを思わせる石仏が並んでしました。
 社叢として市の天然記念物に指定されており、スダジイの他にもムクノキやカヤの木の巨樹がありました。ムクノキは幹周が4.9mあり、なかなかの巨樹ですが、環境省巨樹巨木林DBにはありません。一応葉を撮影してムクノキであることを確認しました。幹を見てもムクノキの特徴がでていますね。
 近くには「大神神社社叢のスギ」、「宝暦治水の松」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(宗徳寺のイチョウ) (宝暦治水の松)
     
岐阜県   シ イ    ムクノキ    新日本名木100選
   
No.1398