(岐阜県不破郡関ヶ原町) 更新:2017年1月(19)
(そうとくじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

宗徳寺のイチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.20m、樹高/25m。 幹周実測値/5.19m。
宗徳寺のイチョウ
境内の東側にイチョウの巨樹があります。
宗徳寺のイチョウ
イチョウの木には、小さめですが乳(気根)がいくつか見られます。
宗徳寺のイチョウ
宗徳寺のイチョウの根元部分。(撮影日※)
宗徳寺のイチョウ
11月25日ですが、まだ黄葉はこれからといったところ。
宗徳寺 宗徳寺本堂
名称 : 宗徳寺のイチョウ
所在地 : 岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原2082-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/11/3(※)、11/25 宗徳寺マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR東海道本線・関ヶ原駅から西に300m。 【車】名神高速・関ヶ原ICから国道365号を北に600m。駐車は近くのコンビニに。
2016年の秋に2度訪問しました。11月25日はイチョウの黄葉が目当てでしたが、まだ多少早かったようです。
 宗徳寺は真宗大谷派の寺院です。すぐ東側には郷社八幡神社があり、その境内には「関ヶ原本陣跡のスダジイ」(県天然記念物)があります。
 誰もが知っているように、ここは天下分け目の戦い「関ヶ原の合戦」の舞台になったところで、東海道本線を挟んだ北側には「東首塚」があります。
 また中山道の不破の関が置かれていたように古くからの交通の要衝でした。現在も東海道本線、東海道新幹線、名神高速道路、国道21号線、国道365号線などが通り、ほんまに交通の要衝です。その国道21号と国道365号線の交差点のすぐ側に宗徳寺があります。
 イチョウは境内の東側にあり、主幹の頂部が切られていますが、楕円形の樹冠を見せています。イチョウに大きな腐朽はないようですが、一部根元にコンクリートが敷かれており、ちょっと心配ですね。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(西円寺のモッコク) (津島神社のスダジイ・ムクノキ)
     
岐阜県  イチョウ   新日本名木100選
   
No.1397