(岐阜県大垣市) 更新:2017年2月(1)
(ほうれきちすい) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

宝暦治水の松
現地説明板によれば、幹周/3.3m、樹高/30m、樹齢/約250年。 幹周実測値/3.52m。
宝暦治水の松
かっては松並木になっていたそうですが、今は1本を残すのみ。
宝暦治水の松
旧伊勢街道沿いにあり、右奥には大神神社が見えます。
宝暦治水の松
宝暦治水の日向松 宝暦治水の
 日向松
大垣市景観遺産 大垣市景観遺産
 のプレート。
名称 : 宝暦治水の松 樹種 : 日向松(アカマツの一種)
所在地 : 岐阜県大垣市上石津町宮218-4 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/11/3 宝暦治水の松マップ
指定 : 大垣市指定景観遺産 (H22年10月1日指定)
アクセス : JR東海道線・大垣駅から名阪近鉄バス「時」行きに乗り「宮」で下車しすぐです。 【車】名神高速・関ヶ原ICから国道365号を8.6km、「下多良」交差点を右折し南に1.2km。駐車スペースがあります。
大神神社に向かっていると旧街道沿いに松の木があり、説明板が目に入りましたので空き地に車を停めました。説明板では「宝暦治水の日向松」とあります。宝暦治水とは有名な薩摩藩による木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)の治水事業のことですです。
 この松は、江戸時代の宝暦4年〜5年(1755-56)に行われた御手伝普請(宝暦治水)を終えた薩摩藩士達が、水奉行を務めていた高木家の陣屋に、薩摩から松を取り寄せて植えたものの1本と伝えられています。
 松の種類は、海津にある木曽三川公園・千本松原に植えられているものと同じ「日向松」(アカマツの地方種)です。松並木になっていたそうですが、そんな松も戦後のものがない時代に燃料として切られ、現在では東高木家の屋敷跡(旧上石津町役場跡でもあります)に残るこれが最後の日向松の大木です。
 すぐ前の西高木家の屋敷跡は「旗本西高木家陣屋跡」として国史跡に指定されており、傍には歴史資料館もあります。単なる1本の松ですが、その背景には色々な物語が隠されています。いままでにこの宝暦治水を題材にした歴史ドラマはなかったような気がしますが。
 旧伊勢街道を南に50mほど行くと「大神神社社叢のスギ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(津島神社のスダジイ・ムクノキ) (大神神社社叢のスギ)
     
岐阜県   マ ツ    新日本名木100選
   
No.1399