(福井県小浜市) 更新:2007年11月(4)
(わかさひめじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

若狭姫神社の千年杉
小浜市を代表する神社・若狭姫神社の千年杉。幹周/6.0m、樹高/30m、樹齢/約500年。
  本殿、随神門は流造桧皮葺でいずれも県の重文に指定。
若狭姫神社の千年杉
背後の森は暖地性広葉樹林で県の天然記念物。奈良・石上神社の神宝・七支刀を思わせる千年杉。
若狭姫神社の千年杉 若狭姫神社の千年杉
両手を挙げたポーズのように見える千年杉。 若狭一の宮・下社の若狭姫神社、上社の若狭彦神社も同じ造りの本殿です。
若狭姫神社 イチョウ 若狭姫神社 オガタマノキ
「乳神様」と書かれた説明板がある大イチョウ。幹周/3.8m、樹高/30m。 京都御所から明治時代に拝受したという、市指定天然記念物のオガタマノキ。幹周/2.08m、樹高/18.5m。
名称 : 若狭姫神社の千年杉
所在地 : 福井県小浜市遠敷65-41 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/9/15 若狭姫神社マップ
指定 : 福井県指定天然記念物 (社叢:S45年2月6日指定)
アクセス : JR小浜線・東小浜駅から南に500m。 【車】舞鶴若狭道・小浜ICから南に650m、「小浜IC口」交差点を左折し国道27号を東に1.8km、「東小浜駅口」を右折し南に200m。
小浜市遠敷(おにゅう)に鎮座する若狭姫神社は、若狭一の宮・下社とされています。上社は「若狭彦神社」で、この若狭姫神社から南に1.5kmほど行ったところにあります。若狭姫神社は養老5年(721年)上社より分祀し若狭姫大神としたことに始まります。祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。安産の神様として信仰されています。
 若狭姫神社の千年杉は神社本殿左側に聳えており、主幹の脇に両手を思わせる太い支幹がのびており、樹高もありいかにも神木であることを思わせます。境内には乳神様として崇められている大イチョウや、市の天然記念物の招霊の木(オガタマノキ)、ムクノキがあります。
 本殿背後の社叢はカゴノキ、ムクノキなど暖地性広葉樹林で、県の天然記念物に指定されています。南に遠敷川をさかのぼると、若狭彦神社から神宮寺に行くことができ、神宮寺にはスダジイの巨樹があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(八代の大ケヤキ) (峰定寺のコウヤマキ)
     
福井県  ス ギ   新日本名木100選
     
No.96