(福井県小浜市) 更新:2014年9月(17)
(ちょうせんじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

長泉寺のコウヨウザン
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.4m、樹高/21m。
長泉寺のコウヨウザン
小浜市のサイトによれば、目通り3.20m、高さ約28.0mです。
コウヨウザンの葉
コウヨウザンの葉。とても変わったスギの一種で、中国南部の原産です。
広葉杉
小浜市の文化財指定標識。「広葉杉(こようすぎ)」とあります。
長泉寺のコウヨウザン
長泉寺 長泉寺山門
名称 : 長泉寺のコウヨウザン
所在地 : 福井県小浜市加茂101-3 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/30 長泉寺マップ
指定 : 小浜市指定天然記念物 (S46年11月20日指定)
アクセス : 【車】舞鶴若狭道・小浜ICから県道24号線を西に約5.5km、玉置の交差点を左折し北に約1km。
コウヨウザンは「広葉杉」と書きます。スギ科に属する中国南部原産の常緑針葉樹で、大きいものでは樹高30m以上、直径1m以上に成長するとありますので、この「長泉寺のコウヨウザン」は日本中でも有数の巨樹かと。ちなみに環境省巨樹巨木林DBでは20本が報告されています。日本一の幹周のコウヨウザンは、三重県いなべ市の「宝林寺のコウヨウザン」で幹周4.26mとのこと。
 日本には江戸時代後期に渡来し、主に神社・仏閣の境内などに植栽されています。スギに比べると葉の幅が広く、枝先に大きな球果を付けます。当サイトでは他に兵庫県丹波市の「石龕寺のコウヨウザン」を紹介しています。
 長泉寺は曹洞宗の寺院で、はじめ加茂高森の地に応永14年(1407年)に創建され、その後永正4年(1507年)に現在地に移されたといいます。撮影のために山門をくぐると住職の奥様にがおいでになり、お茶でもどうぞということでお堂に上がらせていただきました。
 それからお菓子(長泉寺と焼き印されたおせんべい)をいただき、住職さんには秘仏を見せていただきました。ちょうどこの秋、特別公開される「木造・千手観音立像」、「木造・阿弥陀如来坐像」です。とても素晴らしい仏像で、いずれも平安期の仏像ということでした。さすがに小浜は「みほとけの里」といわれているだけありますよ。長時間お話をしていただきありがとうございました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(国津神社のムクノキ) (加茂神社のムク)
     
福井県 コウヨウザン 新日本名木100選
     
No.865