(愛媛県四国中央市) 更新:2014年8月(19)
(とよたま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

豊玉神社のムクノキ
旧伊予三島市が立てた現地説明板によれば、幹周/4.3m、樹高/約19m。
豊玉神社のムクノキ
根元には腐朽による空洞が見られます。
豊玉神社のムクノキ
大きな瘤があります。後方には社殿が見えます。
豊玉神社のムクノキ
枝がだいぶ折れており葉が少なく感じます。
豊玉神社のムクノキ
名称 : 豊玉神社のムクノキ
所在地 : 愛媛県四国中央市下柏町1279 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/17 豊玉神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR予讃線・伊予三島駅からせとうちバス「川之江営業所」行きに乗り「一貫田」バス停で下車、南に約800m、徒歩約15分。 【車】三島川之江IC出口から南に400m程。狭い道路ですから気をつけて。
豊玉神社は、豊玉姫神(とよたまひめのかみ)の外三柱の神を祀ります。江戸時代初期の寛文年間(1661-1672年)の創建と伝わります。
 ムクノキは天然記念物の指定はありませんが、旧伊予三島市教育委員会による説明板が立てられていました。説明はムクノキの一般的な説明で、この木についての由緒などには触れられていません。また根元には空洞があり、大枝も折れており、余り健康な状態ではありません。
 すぐ側を松山自動車道が通っていますが、昔の集落の中の小さな神社です。同じ町内には国の天然記念物で新日本名木100選にも選ばれている「下柏の大柏」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(棹の森のクスノキ) (下柏の大柏)
     
愛媛県 ムクノキ 新日本名木100選
     
No.847