(愛媛県西条市) 更新:2016年9月(11)
(てんま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

天満神社のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/9.70m、根周/17m、樹高/25m、樹齢/推定850年。
天満神社のクスノキ
大クスの枝張りは、東に18m、西に17m、南に24m、北に22mにも達する。
天満神社のクスノキ
幹周だけでなく、根周りも17mあります。
天満神社のクスノキ
かなりバックして写したつもりでも全体が写りません。
天満神社のクスノキ
何とかぁ1本のクスノキが立ち上がり、大枝を支えるかのように癒着しています。
天満神社のクスノキ
子供達が放課後の遊び場所にと自転車でやってきました。大樟は格好の遊具ですね。
天満神社 天満神社拝殿
天満神社のクスノキ説明板 天満神社の
 クスノキ説明板
名称 : 天満神社のクスノキ
所在地 : 愛媛県西条市坂元甲259 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/5/20 天満神社マップ
指定 : 愛媛県指定天然記念物 (S31年11月3日指定)
アクセス : 【車】松山道・いよ小松ICから国道11号を東に5.9km、交差点を右折し600m。左折し150mで神社に着きます。駐車スペースがあります。
天満神社のクスノキは、地名から「坂元の楠」とも呼ばれています。国道11号線から南に石鎚山の方向に行くと橘小学校があり、ここにもけっこう大きな楠があります。更に南に行くとこんもりとした樹冠が見えてきます。
 遠くから見ると「天満神社のクスノキ」は半円形の扇形をしており、樹冠の大きさがすごい大樟です。枝も複雑な伸び方をしており、特に大枝を支えるかのように根元から1本のクスノキが伸びていて、大枝と癒着しています。
 枝張りは、東西35m、南北46mという巨大なもの。さらにこの枝張りでも、枝を支える支柱がないというのもすごいことです。この境内のほとんどを覆うという程に伸びた大きく長い枝を支えているのは、またすばらしい根の張りです。
 ちょうど授業を終えた子供達が大勢自転車で神社にやってきました。楽しそうにお菓子を食べたり、競ってクスノキに登ったりと、神社境内は格好の遊び場となりました。このようにしてクスノキの記憶が子供達に残り、クスノキ自体もいつまでも残っていくことでしょう。近くには「西田のむく」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(石岡神社のクスノキ) (西田のむく)
     
愛媛県  クスノキ   新日本名木100選
   
No.1309