(愛媛県新居浜市) 更新:2014年9月(8)
(おしもりじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

王至森寺のキンモクセイ
現地説明板によれば、根周/4m、樹高/約16m、樹齢/推定千数百年。
王至森寺のキンモクセイ
右の低い石垣の上に「王至森寺のキンモクセイ」があります。左の建物は飯岡保育園。
王至森寺のキンモクセイ
かなり腐朽が進んでおり、幹に穴が開いています。
説明板
王至森寺が立てた国天然記念物の説明板。キンモクセイとしては全国でも有数の巨樹です。
王至森寺
王至森寺の境内。綺麗に掃除が行き届いています。左の高所の建物は権現社。
王至森寺 かおり風景百選
かおり風景百選の石碑。右の道を20m程行くとキンモクセイがあります。
名称 : 王至森寺のキンモクセイ
所在地 : 愛媛県西条市飯岡3021 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/17 王至森寺マップ
指定 : 国指定天然記念物 (S2年4月8日指定)
アクセス : JR予讃線・伊予西条駅からせとうちバス・中萩・病院前行きに乗り、「野口」で下車、南に約500m、徒歩約10分。
王至森寺(おしもりじ)の由緒については、その昔、舒明(じょめい)天皇(692-641年)が道後温泉へ行幸の途中、燧灘で暴風雨に遭われた。この時、森の中の寺で難を避けられたところから「王至森寺」といわれるようになったとの伝説があります。
 王至森寺のキンモクセイは、2001年に環境省が全国より募集した「かおり風景百選」に選ばれており、山門前にはその「かおり風景百選」の石碑があり、その右奥のキンモクセイがあります。昭和2年(1927年)に国の天然記念物になっており、毎年10月頃に赤黄色の小さな花を咲かせ、その香りは2キロ四方に達するそうです。
 しかし、キンモクセイはかなりの古木で、大きな空洞があります。しかし、周囲にも多くのキンモクセイが植えられており、香りはもっと遠くまで達しそうです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(正法寺のイチョウ) (常神のソテツ)
     
愛媛県 モクセイ 新日本名木100選
     
No.856