(愛媛県西条市) 更新:2016年8月(15)
(もりおか) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

森岡神社のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7. 50m、樹高/20m。
森岡神社のクスノキ
根元部は腐朽やコブで「いぶしこぶし」(でこぼこの方言)になっています。
森岡神社のクスノキ
けっこう腐朽が進んでいますね。旧東予市の保存樹木の立て札があります。
森岡神社のクスノキ
クスの前の石碑には「神木大楠文和元年の植樹」と彫られています。
森岡神社のクスノキ
国道196号の向こう側から見た森岡神社のクスノキ。
森岡神社
森岡神社の小祠。右側のクスが大きい方のクスです。
名称 : 森岡神社のクスノキ
所在地 : 愛媛県西条市壬生川23-1付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/5/19 森岡神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : JR予讃線・壬生川駅から北に約1km、徒歩約20分。 【車】今治小松道・東予丹原ICから南に100mで左折し、県道48号を2.1km、左折し国道196号を北東に900m。駐車は鷺の森神社にできます。
「森岡神社のクスノキ」は、国道196号沿いの一段高くなった狭い境内に立っています。境内には2本の楠が立っていますが、祠に向かって左側のクスノキは地上5mほどで切られていました。
 市のサイト「西条の巨樹」には、「いぶしこぶし」という表現でこのくすの木の根元の複雑な凹凸を表現しています。「いぶしこぶし」とは、愛媛の方言で「でこぼこ」の意味だそうです。この老楠を言い表すのにぴったりの表現ですね。
 石碑に「文和元年の植樹」とあることから1351年ということで、すぐ隣にある「鷺森神社のクスノキ」と同じ時期の植樹ということになります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(鷺森神社のクスノキ) (土田之木のエノキ)
     
愛媛県  クスノキ   新日本名木100選
   
No.1293