(愛媛県今治市) 更新:2016年8月(3)
(かも) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

加茂神社のクロガネモチ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周4..45m、樹高20m。 推定樹齢250年
加茂神社のクロガネモチ
幹周実測値/3.86m。 2mほどで大きく2幹に分かれていますが。
加茂神社のクロガネモチ
2幹に別れていますが、又上の方で融着しています。
加茂神社のクロガネモチ
加茂神社のクロガネモチ
拝殿の左側にあるのがクロガネモチの巨樹です。
クロガネモチ説明板 クロガネモチ
 の説明板
加茂神社由緒 賀茂神社
 由緒書き
名称 : 加茂神社のクロガネモチ
所在地 : 愛媛県今治市大西町山之内295 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/5/19 加茂神社マップ
指定 : 今治市指定指定天然記念物 (S51年3月16日指定)
アクセス : 【車】しまなみ海道・今治ICから国道196号を西に5.6km、「山之内橋」交差点を左折し、県道163号を1.9km。拝殿前の広場に駐車できます。
次回紹介の「明堂のヤマモモ」から北に600m程の所にこの加茂神社があります。上の写真の由緒書きでは「賀茂神社」となっていますが、旧大西町教育委員会の「クロガネモチ」の説明板では加茂神社とありますのでそうしました。
 由緒書きによれば、祭神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、別雷神などで、永仁4年(1296年)大島亀山村の村上伝平が一社を創立し若宮神社と称した事に始まります。明治35年に祭神を加え賀茂神社としたそうです。
 クロガネモチは、明治35年にこの地に神社が勧請される以前からあったそうで、又この地は古墳であったそうです。
 クロガネモチは地上2mほどで2幹に分かれていますが、5mほど上の所で枝どうしが融着しています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(賀茂の大樟) (明堂のヤマモモ)
     
愛媛県  クロガネモチ   新日本名木100選
   
No.1281