(愛媛県今治市) 更新:2016年8月(2)
(かも) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

賀茂の大樟
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周7. 00m、樹高25m。
賀茂の大樟
枝張りは東20m、西37m、南20m、北11mにも及びます。
賀茂の大樟
根元は明治33年(1900年)に埋められたといわれますが、根が周囲に伸びていますね。
賀茂の大樟
地上4mで二幹に分かれて伸びています。
賀茂の大樟
大樟の前に立つ愛媛県指定天然記念物の石碑には「賀茂の大樟」と彫られています。
加茂の大樟説明板 「加茂の大樟」の説明板
賀茂別雷神社拝殿 賀茂別雷神社拝殿
名称 : 賀茂の大樟
所在地 : 愛媛県今治市菊間町佐方1560 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/5/19 賀茂の大樟マップ
指定 : 愛媛県指定天然記念物 (S40年4月2日指定)
アクセス : JR予讃線・伊予亀岡駅から1.2km、徒歩約20分。 【車】国道196号佐方の交差点を南に約1km。溜池の東側に神社がありますが、道が狭いので近くの道路のスペースに駐車し、歩いた方がよいでしょう。
賀茂別雷(かもわけいかづち)神社の境内ある大楠です。県の天然記念物指定名称は「賀茂の大クスノキ」ですが、大クスの前の石碑には「賀茂の大樟」と彫られていましたのでその名称にしました。説明板では「加茂の大クス」でした。
 地上4メートルで二幹に分かれ、枝張りは東西35m、南26m、北18mに達し、境内をほぼ覆いつくすように、樹冠を広げています。明治33年(1900年)の境内拡張のため根元部分が数m埋められたそうで、実際はもっと大きなクスノキであったと推測されます。
 賀茂別雷神社の祭神は、賀茂別雷命と加茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)です。
(管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大庄屋旧井手家のクス) (加茂神社のクロガネモチ)
     
愛媛県  クスノキ   新日本名木100選
   
No.1280