(愛媛県西条市) 更新:2016年8月(13)
(ほうない) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

保内八幡神社のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.48mと5.36m、樹高/不明。境内社の周敷神社の両側にあります。
保内八幡神社のクスノキ(左)
これは周敷神社に向かって左側のクスノキです。幹周実測/5.45m。しめ縄がありません。
保内八幡神社のクスノキ(右)
こちらは周敷神社に向かって右側のクスノキ。幹周実測/5.687m。しめ縄が巻かれています。
保内八幡神社のクスノキ(右)
周敷神社の右側のクスノキ。地上2mほどで2幹に分岐しています。
保内八幡神社のクスノキ(左) 保内八幡神社のクスノキ(境内)
周敷神社の左側の楠 境内のクスノキ
保内八幡神社拝殿
保内八幡神社拝殿
名称 : 保内八幡神社のクスノキ
所在地 : 愛媛県西条市円海寺172-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/5/19 保内八幡神社マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】今治小松道・東予丹原ICから南に100mで左折し県道48号を900m行き、「東予総合支所前」交差点を左折し1.4km、右折して100m。
保内八幡神社は、勧請された年代は不詳ですが、応永年間(1394-1427年)、河野六郎通文により再建されたといいます。当時は丹生川八幡宮と称していましたが、その後天正13年の豊臣秀吉の四国征伐の折り、小早川隆景の軍勢により社森はことごとく焼失しましたが、八幡宮の本殿のみが焼け残ったことから、火中(ほなか)八幡と称され、文禄年間に、火(ほ)の内を保ったとして保内八幡宮と改称したそうです。
 神社の社叢にはクスノキが多くあり、5本ある中でも境内社である周敷神社の前にある2本が大きいようです。400年前の兵火で森が焼失した後に育ったものでしょう。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(宮内神社のクスノキ) (鷺森神社の楠)
     
愛媛県  クスノキ   新日本名木100選
   
No.1291