(徳島県阿波市) 更新:2014年6月(1)
(さかいめ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

境目のイチョウ
現地説明板では、幹周/7.8m、樹高/16m。環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/9.10m、樹高/14m。
境目のイチョウ
本当に徳島県と香川県の県境に位置します。わずかに徳島県に入ってますが。
境目のイチョウ
晩秋の朝9時前ですのでまだ朝霧が立ちこめています。
境目のイチョウ
県道に面しており、ひっきりなしに車が通ります。環境は余りよくありません。
境目のイチョウ
天然記念物 境目のイチョウ 説明板 徳島県の説明板
いちょうさん 香川県の説明板
名称 : 境目のイチョウ
所在地 : 徳島県阿波市大影92-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/11/24 境目のイチョウ マップ
指定 : 徳島県指定天然記念物 (S35年9月24日指定)
アクセス : 【車】高松道・引田ICから西に進み、国道377号から県道2号を南に進むと香川・徳島県境にイチョウがみえます。
徳島県と香川県の県境に位置する大イチョウです。紅葉の時期を見計らい出かけました。地上3メートル程で9本の枝に分岐しており、分岐付近に乳とよばれる気根を垂らしています。晩秋の朝早いこともあり、周囲には朝霧が流れていました。
 伝承では、戦国時代、大坂夏の陣を戦った生駒讃岐守の弟・甚助正信は、徳川方の豊臣残党狩りを逃れてこの地に隠れ住んだが、発見されてこの大銀杏の下で切腹して果てたといわれています。
 イチョウの前には小祠が作られており、乳神さんとして古くから祀られており、樹齢は600年といわれています。徳島県と香川県の説明板が立っており、県境であることがうかがえます。
 ちょうど黄葉も盛りで、周囲には落ち葉がいっぱい落ちていました。県道脇という大変過酷な生育条件ですが、精一杯がんばって欲しいものです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(西光寺のクロマツ) (井田の大楠)
     
徳島県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.789