宮ノ本八幡神社のクスノキ  (徳島県鳴門市)
(みやのもとはちまんじんじゃ) 更新:2009年2月(10)
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

宮ノ本八幡神社のクスノキ(1)
鳴門市天然記念物の指定名称は「八幡神社のクスノキ 2樹」。神社参道の手前と奥の方(入口)に二本の大楠があります。
宮ノ本八幡神社のクスノキ(2)
2本のクスは、幹周/7.69m、樹高18m、及び幹周/7.97m、樹高22m。
 樹高から見れば太い方が上の参道入口のクスのようです。
宮ノ本八幡神社のクスノキ
宮ノ本八幡神社のクスノキ

 (上)参道途中のクス。根の張りが大きい。

 (左)参道入口のクス。右上は火の見櫓。
      旧吉野川の堤防上から写しました。

 (下)参道途中のクスと奥に神社の本殿が見えます。
宮ノ本八幡神社のクスノキ
名称 : 宮ノ本八幡神社のクスノキ
所在地 : 徳島県鳴門市大麻町津慈字宮ノ本154 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/5/2 宮ノ本八幡神社マップ
指定 : 鳴門市指定天然記念物
アクセス : JR徳島駅から徳島バス・大麻線で「川崎」下車、西に500m。
鳴門市の天然記念物指定名は「八幡神社のクスノキ2樹」ですが、八幡神社は全国で数多い神社名、何と1万とも2万ともいわれており稲荷神社に次いで多い神社名です。ですから八幡神社だけでは特定は全く不可能。そこで地名の「宮ノ本」を冠しました。
 大楠は神社参道の入口と途中にあり、ほぼ同じ大きさです。特に参道途中にある大楠は根の発達が素晴らしい。それに比べると参道入口の大楠は、道路が近いせいか枝の枯れも目立つようです。これだけのクスノキですが説明板もありません。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(中山路のイチョウ) (御厨天神社のクスノキ)
     
徳島県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.208