(岡山県鏡野町) 更新:2019年7月(18)
(なかしま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

中島のイチョウ
中島のイチョウ】 「デジタル岡山大百科」によれば、根回り5.5m、目通り周囲4. 2m、高さ約30m、推定樹齢300年。
中島のイチョウ
イチョウは雌株で、幹周実測値/4. 14m。
中島のギンモクセイ
ギンモクセイ】 「デジタル岡山大百科」によれば、根元周囲3. 65m、樹高約11m、樹齢推定300年。
中島のギンモクセイ
ギンモクセイ】 地上よりおよそ5本の枝に分かれて伸びています。
中島のギンモクセイ
ギンモクセイ】 左後方にキンモクセイが見えます。
中島家大庄屋跡と天然記念物の標柱
大庄屋・中島家の白壁と門。内部は公園になっています。
新町宿場町説明板
中島のイチョウ 中島のギンモクセイ
名称 : 中島のイチョウ・ギンモクセイ
所在地 :  岡山県苫田郡鏡野町香々美454付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2019/5/11 中島のイチョウ・ギンモクセイ マップ
指定 : 鏡野町指定天然記念物 (イチョウ H3年5月1日指定
                     ギンモクセイ S65年4月1日指定)
アクセス : 【車】中国道・院庄ICから国道179号を北に4.5km、香々美川を渡る手前を右折し県道392号を3km、香々美小の北側を右折し500m。集会所に駐めました。集会所から50mほど。
「デジタル岡山大百科」によれば、中島のイチョウは、香々美の中島家大庄屋跡にある大木で、秋の黄葉は近隣からよく眺められ、昔より、中島のイチョウが黄になったら麦を蒔けといわれてきたものです。雌株でギンナンを毎年多く実らせ、推定樹齢300年の町内最大のイチョウとあります。
 また邸跡にはギンモクセイの巨木もあり、樹令推定300年。モクセイは中国の原産で、日本に移入されたものが雄株だったため、本樹も雄株で実を結ぶことはないそうです。近くにはキンモクセイもありました。
 新町は旧倉吉街道の宿場町で、津山から行くと第一の宿場だったので、馬のの乗り継ぎや、荷物や人足の世話をする問屋や旅籠(はたご)もあり、街道は終日賑わったそうです。
 イチョウとギンモクセイある広い場所は、元々香々美構(かまえ)大庄屋の屋敷跡です。山名氏重(因幡守護)の後裔岸本秀が居をかまえ、その子新兵衛が大庄屋となり、その子孫代々大庄屋を勤めましたが、延亨3年(1745年)断家し、中島政温がその後をうけて大庄屋を勤め、明治維新を迎えたといいます。
 残念ながら屋敷の遺構は残っておらず、わずかに小さな門と塀が残るのみでした。道路を隔てて「問屋のカゴノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(古川神社のシラカシ) (問屋のカゴノキ)
     
岡山県   イチョウ    モクセイ    新日本名木100選
No.1913