(鳥取県倉吉市)
(やまおさ) 更新:2014年1月(14)
  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

山長神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6. 10m、樹高/20m。 幹周実測値/5.15m。
山長神社のタブノキ
これはタブノキで、環境省巨樹巨木林DBでは幹周/5. 80m、樹高/12m。
山長神社のムクノキ
ムクノキには多くの着生植物があります。
山長神社のタブノキ
タブノキ。主幹の一部が切られています。
山長神社のムクノキ2 山長神社のムクノキ
枯れたムクノキ 参道とムクノキ
説明板 山長神社社殿
倉吉市保存樹説明板 山長神社社殿
山長神社の森
名称 : 山長神社のムクノキ、タブノキ  
所在地 : 鳥取県倉吉市森142 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/9/22 山長神社マップ
指定 :  倉吉市保存林 (S61年1月10日指定)
アクセス : JR倉吉駅から日の丸バス・北谷線「大河内」行きに乗り「森」で下車、西に150m。 【車】倉吉市の小鴨橋から県道34号線を西に行き、横田交差点から県道288号に入り約6kmで山長神社前に着きます。
山長(やまおさ)神社は聖武天皇の御代より祀られており、祭神としては、句句廼馳神(くくのちのかみ:伊弉諾・伊弉冉の子)、大山祇命などを祀り、山長大明神と称したそうです。元和6年(1620年)、山長神社社殿を里見忠義公が再建したといわれています。
 滝沢馬琴の「里見八犬伝」のモチーフとなった、安房国(千葉県)の大名・里見忠義公終焉の地としても倉吉は有名で、最近は武者行列などもあるようです。
 山長神社の社叢はムクノキ、タブノキ、アスナロなどの社叢をなしており、特別に大きな巨樹はないものの、本殿前のムクノキやその西側にあるタブノキが幹周5mを超す巨樹です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(日吉神社の森) (新宮神社のシイ)
     
鳥取県   ムクノキ    タブノキ    新日本名木100選
     
No.722