(鳥取県鳥取市) 更新:2011年9月(4)
(ひじり) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

聖神社のケヤキ1
聖神社社叢として市保存樹林に指定されています。境内のケヤキ2本とイチョウ2本が巨樹とされています。
聖神社のケヤキ2
環境省の巨樹・巨木林DBによれば、ケヤキは幹周/5. 70m、樹高/25mと、幹周/5. 50m、樹高/27m。
聖神社のイチョウ
本殿横の2本のイチョウの巨樹は、幹周/4. 35m・4. 00m、樹高/30m。
聖神社のケヤキ 聖神社のイチョウ
境内中央のケヤキの巨樹。 本殿横のイチョウ。乳(気根)が見えます。
聖神社本殿 聖神社社叢指定標識
聖神社本殿  市指定保存樹林の説明板。
名称 : 聖神社のケヤキ (聖神社社叢)
所在地 : 鳥取県鳥取市行徳2-705 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/8/12 聖神社マップ
指定 : 鳥取市指定保存樹林 (S53年11月指定)
アクセス : JR・鳥取駅の北西約800m、徒歩約10分。 【車】鳥取道・鳥取ICから北に3.5km。本殿裏に駐車場あり。
聖神社は古くから「聖の大社」といわれ崇められてきた市内屈指の神社ですが、創建の時期は不明です。現在の社殿は宝永7年(1710年)の再建で、邇邇藝命(ににぎのきこと)など三神を祀っています。彫刻が見事で県の保護文化財に指定されています。
 2年に一度、5月第3週目の土、日曜日にとりおこなわれる聖神社神幸祭には、神輿、麒麟獅子、武者行列、14基の屋台が、踊りや囃子を披露しながら氏子地域を練り歩きます。
 鳥取駅からさほど遠くない住宅が密集する地域ですが、貴重な鎮守の森として地域の人に守られてます。聖神社には朝早く訪問しましたが、通勤の途中参拝する人も多く、地域に密着した神社という印象がありました。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(荒神椋) (倉田八幡宮の大イチョウ)
     
鳥取県  ケヤキ   新日本名木100選
     
No.482