(和歌山県田辺市)
更新:2015年2月(3)
(すみよし) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

住吉神社のオガタマノキ
【オガタマノキ】境内にある県指定文化財の説明板によれば、幹周/4.08m、樹高/27.3m。
住吉神社のオガタマノキ
【オガタマノキ】かなり傾いて立っています。
鮎川住吉神社のクスノキ
【住吉神社社叢のクスノキ】県指定文化財の説明板によれば、幹周/8m、樹高/35.8m。
住吉神社社叢のクスノキ マキとムクロジの合体樹
社叢のクスノキ 御神木の槇と無患子の合体樹。
鮎川住吉神社拝殿 住吉神社拝殿
県指定文化財
 説明板
名称 : 住吉神社のオガタマノキ・クス
所在地 : 和歌山県田辺市鮎川1512 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/10/10 鮎川 住吉神社マップ
指定 : 和歌山県指定天然記念物 (オガタマノキ:S33年4月1日指定、 社叢:S49年12月9日指定)
アクセス : 【車】国道42号岩崎交差点を東に折れ、国道311号を北西に約6.5km、市ノ瀬橋北詰交差点の東200mを左折する。
旧大塔村鮎川にある住吉神社社叢は約7,351平方mあり、オガタマノキ(樹齢300年)、クスノキ(樹齢500年)、イチイガシ、ホルトノキ、シイ、クロガネモチ、イヌマキ、ムクロジイ、スギなどの巨木・古木がたくさんあります。
 オガタマノキと社叢が和歌山県の天然記念物に指定されており、境内にはオガタマノキへの案内の標識があります。オガタマノキは社殿の後方の山の中腹に自生しており、斜めに大きく傾いてそびえています。
 オガタマノキは暖地性のモクレン科に属する常緑高木で、「招霊木」と漢字で書き、神社によく植えられています。社叢には様々な種類の樹木がありますが、特にクスノキの巨樹が目立ちます。幹周8mといいますが、ツタなどが巻きついており、うまく写せませんでした。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(市ノ瀬春日神社の樟) (珠簾神社のクスノキ)
     
和歌山県   オガタマノキ    クスノキ    新日本名木100選
     
No.951