(和歌山県上富田町)  更新:2015年2月(2)
(いちのせかすが) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

市ノ瀬春日神社の樟
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.70m、樹高/15m。
市ノ瀬春日神社の樟
お祭りが近いようで、舞台が作られていました。
市ノ瀬春日神社の樟
拝殿前にそびえる大クス。枝が複雑な伸び方をしています。
市ノ瀬春日神社の樟
名称 : 市ノ瀬春日神社の樟
所在地 : 和歌山県西牟婁郡上富田町市ノ瀬1999 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/10/10 市ノ瀬春日神社マップ
指定 : 上富田町指定天然記念物 (S51年7月15日指定)
アクセス : 紀勢本線・朝来駅から町のコミュニティバスで「一乗寺」下車、北西に約150m。 【車】紀勢道・上富田ICから国道42号を南に1.9km、岩崎交差点を左折し国道311号を北西に約6.5km、市ノ瀬橋北詰交差点の東200mを左折する。
上富田町の天然記念物指定名称は「春日神社の樟」です。春日神社のクスノキは他にもあるので地名の市ノ瀬を冠として入れました。春日神社は、主祭神として武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比女大神の春日四神を祀ります。
 ちょうど訪問した日の明後日、10月12日・13日がお祭りで、帳屋(ちょうや)と呼ばれる芝居小屋で奉納芝居が演じられます。その準備がされていましたが、この奉納芝居は300年近い歴史があるといわれている伝統芸能です。
 大クスは拝殿前にあり、一部大枝が切られていますが、大きく曲がりくねった枝が何本も横に伸びています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(岩田神社のクスノキ) (住吉神社のオガタマノキ・クス)
     
和歌山県  クスノキ   新日本名木100選
     
No.950