(和歌山県紀美野町)  更新:2014年12月(4)
(にうじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

長谷丹生神社のイチョウ
現地説明板によれば、幹周/5.50m、樹高/22m、雌株で樹齢は600年以上とのこと。
長谷丹生神社のイチョウ
敗戦と本殿の間にイチョウはあり、外から見るしかありません。
長谷丹生神社のイチョウ
拝殿(左)とその右にそびえるイチョウ。県の天然記念物に指定されています。
長谷丹生神社のイチョウ
丹生神社のイチョウ 説明板 イチョウの説明板
大スギの切り株 スギの切り株。
丹生神社由緒 丹生神社由緒
名称 : 丹生神社のイチョウ
所在地 : 和歌山県海草郡紀美野町長谷宮238 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/9/21 長谷 丹生神社マップ
指定 : 和歌山県指定天然記念物 (S53年8月18日指定)
アクセス : 【車】阪和道・海南東ICから国道370号線を高野山方面に約35km。県道115号との分岐を過ぎ、30mほど先を左折すると駐車スペースがあります。
長谷丹生(はせにう)神社は、丹生都比賣命(にゅうつひめのみこと)・大黒主命の二座を主祭神として祀ります。このあたりには丹生神社が多くありますが、丹生都比売命を祀り、かつらぎ町の丹生都比売神社を総本社としています。全国では88社あるといわれています。丹(に)とは辰砂ともいう鉱物で、精錬すると水銀になります。その鉱脈があるところに「丹生」の名が付けられました。
 大イチョウは玉垣の中、本殿と拝殿の間にあります。葉をいっぱいに付けており、黄葉時は素晴らしいそうです。かっては幹周10mに及ぶ大スギが存在し、県の天然記念物に指定されていましたが、平成10年の台風で倒壊し社殿を直撃したため本殿・拝殿が全壊したそうです。境内にはその時に同時に切られた幹周5mほどのもう1本のスギの切り株が置かれていました。
 国道370号線を西に海南に方面に行くと「惣福寺のムクロジ「田熊野神社のスギ・クスノキ」「しらかしの老大樹群」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(垣内丹生神社のカヤ) (しらかしの老大樹群)
     
和歌山県  イチョウ   新日本名木100選
     
No.912