(和歌山県海南市) 更新:2007年4月(2)
(ふじしろじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

藤白神社のクスノキ群
藤白神社のクスノキ群は、5本の大楠が神社を囲むように繁っています。写真の中央には子守楠神社があります。
藤白神社のクスノキ群 藤白神社のクスノキ群
子守楠神社と神木である3本の楠。 子守楠神社背後の神木の楠を東側から写す。
藤白神社のクスノキ群 藤白神社のクスノキ群
最も南側にある楠の大木。 本殿前にある「三代重ね石」背後の大楠。
 環境省DBでは、幹周/8.85m、樹高/15m。
藤白神社のクスノキ群・小守楠神社の楠 藤白神社
子守楠神社の背後にある楠は根元でつながっています。子守楠神社の祭神は熊野杼樟日命(くまのくすびのみこと)で、
 子供の神様として知られます。南方熊楠(みなみかたくまぐす)もこの神社に祈願して名を受けたといいます。

有馬皇子神社 有馬皇子墓
藤白神社内にある有馬皇子神社。
 悲劇の皇子・有馬皇子(ありまのみこ)を祀ります。
藤白坂への上り口にある有馬皇子の墓と万葉歌碑。
 歌碑には、「家にあれば 笥(け)に盛る飯(いひ)を 
 草枕 旅にしあれば 椎の葉に盛る」とあり。
名称 : 藤白神社のクスノキ群
所在地 : 和歌山県海南市藤白466 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/2/10、2006/4/1 藤白神社マップ
指定 : 海南市指定天然記念物 (H10年7月1日指定)
アクセス : JR紀勢本線・海南駅下車、南に徒歩約10分。 【車】阪和自動車道・海南ICからすぐ。
藤白神社は、熊野古道「藤白王子」の跡でもあります。熊野古道は海南市からこの神社を通り、背後の藤白坂を越えて熊野へと向かいます。神社の由緒は古く、古代・景行天皇5年にはじまり、7世紀・奈良時代の斉明天皇が牟婁(むろ)の湯(現在の白浜温泉)に行幸の際に社殿が営まれたといいます。以後平安から鎌倉時代にかけて熊野信仰が高まる中で「熊野一の鳥居」が設けられ、熊野古道九十九王子の中でも最も格式のある五躰王子の一つでした。
 「藤白神社のクスノキ群」はクスの巨木5本からなり、説明板によると本殿前の楠は幹周10mを超え、神社南側の楠も7mを超えるとされています。
 境内には有馬皇子を祀る神社、近くには墓、万葉歌碑があります。有馬皇子の万葉歌碑は、有馬皇子が斉明天皇のもとに反乱の裁きを受けるため牟婁の湯(むらのゆ:現在の白浜温泉)に引き立てられたとき、道中で歌った句です。有馬皇子は、孝徳天皇の皇子で、640年(舒明12年)に生まれ、658(斉明4)年に反乱を企てた罪により、この地で19歳の若さで処刑されました。万葉集の歌の中でもその劇的な生涯を歌ったものとして有名な和歌です。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(葛飾八幡宮の千本イチョウ) (山高神代桜)
     
和歌山県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.67