(和歌山県日高郡みなべ町)
(ひがしいわしろ) 更新:2012年6月(5) 
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

東岩代八幡神社のクス
現地説明板では、幹周/5.3m、樹高/25m。樹齢は不明。
東岩代八幡神社のクス
弓なりに反った主幹から多くの支幹が空に向かって伸びています。左側の建物が子踊りの舞台のようです。
東岩代八幡神社のクス
不思議な格好をしたクスノキです。古木らしく着生植物が見られます。
東岩代八幡神社のクス
東岩代八幡神社
名称 : 東岩代八幡神社のクス
所在地 : 和歌山県日高郡みなべ町東岩代561 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2012/4/28 東岩代八幡神社マップ
指定 : みなべ町指定天然記念物
アクセス : JR紀勢本線・岩代駅から東に約700m。徒歩約10分。
祭神は八幡さんですから譽田別命(ほむだわけのみこと:応神天皇)ですが、県の指定文化財に指定されている「岩代の子踊り」で有名です。
 毎年10月の「体育の日」の前日に行われる東岩代・西岩代の両八幡神社の秋祭りで、小学校6年生以下の児童による子踊りが行われます。東岩代八幡神社では、「神をいさめの子踊り、手習いの子踊り、万歳踊り、奴房踊り」、西岩代八幡神社では、「千本桜、花桜、扇舞、黒髪の舞、奴房踊り」が奉納されます。
 大楠は東岩代八幡神社境内にあり、写真のように非常におもしろい格好をしています。なぜ弓なりに育ったのかは分かりませんが、太いしめ縄が巻かれており、大切に護られているようです。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(蟻通神社の森) (切目神社のホルトノキ)
     
和歌山県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.538