薬王寺の大樟  (奈良県磯城郡田原本町) 更新:2010年10月(4)
(やくおうじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

薬王寺の大樟
現地説明板では、幹周/6.18m、樹高/30m、樹齢/推定500年。八幡神社の社殿裏にあります。
薬王寺の大樟
大きく広がった大樟の枝が四方八方に広がり、雄大な景観を見せています。
薬王寺の大樟
八幡神社社殿の後にある大樟で境内が埋め尽くされそうです。
薬王寺の大樟 薬王寺の大樟
八幡神社と大樟の全景。 社殿裏の大樟への入口。
薬王寺の大樟石碑 薬王寺八幡神社・ムクロジ ムクロジの実
 ●天然記念物指定石碑  ●境内のムクロジ  ●ムクロジの実
名称 : 薬王寺の大樟 (樟の巨樹)
八幡神社の所在地 : 奈良県磯城郡田原本町薬王寺514 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/9/11 薬王寺・八幡神社マップ
指定 : 奈良県指定天然記念物 (S33年3月20日指定)
アクセス : 近鉄橿原線・田原本町駅から西に約800m、徒歩10分。
9月も半ばというのに毎日35℃以上の真夏日が続いており、訪問した日も奈良では最高気温が34.8℃。照りつける太陽に降参しました。近鉄田原本駅から薬王寺にある八幡神社までの10分間で汗が噴き出しハンドタオルも絞れるほどに。
 「薬王寺の大樟」は奈良県の天然記念物指定名称では「樟の巨樹」。同じ名称が「奈良豆比古(ならつひこ)神社の楠」にも当てられていますので、写真の石碑にもあるように「薬王寺の大樟」と名称をしました。丁度ご近所のおばあさんが来られ、色々とお話を伺いました。
 まず境内のムクロジの実が今年はいっぱいなったとのこと。昭和24年から住んでいるがこれは珍しいとのこと。立派な大樟ですが、台風で大枝が飛んだ時のことや、バイパス側(神社の裏側)から見るとあまり立派に見えないこと、さらに八幡さんの女の神様は嫉妬深くて、この集落で女の子が生まれると美しい女性にさせないなど、「ほんまでっか」ということも。
 大樟は社殿裏の板塀に囲まれた狭い一角にあり、撮影するのが大変。標準レンズでは幹の一部しか写らないので、超広角レンズ(焦点距離10〜20mm)を使用して撮影しました。とにかく枝の広がりはすごい、超広角でもカバーし切れません。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(上吉田諏訪神社の大杉) (春日大社参道のムクロジ)
     
奈良県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.397