(奈良県生駒郡斑鳩町)
(たつたじんじゃ) 更新:2008年5月(3)
巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

龍田神社のクスとソテツ
法隆寺にほど近い斑鳩町・龍田神社にあるクスの巨樹。幹周/6.60m、樹高/28m。(環境省データ)
龍田神社のクスとソテツ
大クスは神木として祀られており、朱色の板塀で囲まれています。上の写真は背後から見た大クス。
龍田神社のクス
朱塗りの板塀に囲まれていて根元がわかりにくいのですがかなりの太さです。
龍田神社のソテツ(西側) 龍田神社のソテツ(東側)
西側にある「ソテツの巨樹」。根元周囲約5.7m、高さ6.3m。 東側にあるソテツ。これも県の天然記念物です。
名称 : 龍田神社のクスとソテツ
所在地 : 奈良県生駒郡斑鳩町龍田1-5-6 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2007/3/4 龍田神社マップ
指定 : (ソテツ)奈良県指定天然記念物 (S32年6月13日指定)
      (クス)指定なし
アクセス : JR大和路線・王寺駅で下車し、奈良交通バスで「龍田神社前」下車すぐ。
法隆寺から西に約1km、斑鳩町(いかるがちょう)の町役場前から旧道を進むと右に龍田神社の鳥居が見えます。龍田神社の御祭神は雨風を鎮め水難疫病を防ぐという天御柱命、国御柱命、龍田比古大神、龍田比女大神などです。
 龍田神社は、聖徳太子が竜田明神(法隆寺の守護神)から 法隆寺を建立する地を示してもらったお礼に三郷町にある龍田大社(本宮)では遠いので、斑鳩の地に龍田神社を祀り、法隆寺の鎮守としたと伝えられています。
 県の天然記念物に指定されている2本のソテツは平安時代の初期に植えられ、樹齢1200年といわれています。でも境内でよく目立つのは大クスの方です。朱色の板塀に囲われていて根元の詳細は見えませんが、かなりの太さです。この周辺は、法隆寺、法起寺、法輪寺、中宮寺、藤ノ木古墳など有名な社寺・古墳が目白押しの古代史の宝庫です。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大舟寺のカヤ) (名古屋城のカヤ)
     
奈良県 クスノキ   ソテツ 新日本名木100選
     
No.122