(奈良県宇陀市) 更新:2017年1月(11)
(だいふくじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大福寺のカヤ(東株)
「奈良の巨樹たち」によれば、幹周/6.07m、樹高/12m、推定樹齢/700年。境内の東側にあります。
大福寺のカヤ
東株の幹周実測値は6.15m。空洞がありますが、素晴らしいカヤの巨樹です。
大福寺のカヤ
お寺は高台にあり、境内からの見晴らしが良い。
大福寺のカヤ
樹高は余りありませんが、枝が四方に伸びており、大きな樹冠を作っています。
大福寺のカヤ
根元の張りも良く環境も申し分ありません。
大福寺のカヤ
石垣の下から写したカヤの木(東株)。
大福寺のカヤ(西株)
(西株)斜面に立っています。 幹周実測値/5.67m、樹高/約10mほど。
大福寺のカヤ(西株)
西株です。
大福寺のカヤ(西株)
西株は主幹が途中で折れています。
大福寺本堂 大福寺本堂
名称 : 大福寺のカヤ
所在地 : 奈良県宇陀市室生三本松282付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/10/27 大福寺マップ
指定 : 指定なし
アクセス : 【車】国道165号の「やまなみロード」入口を小倉インター方面に右折、やまなみロードを小倉インター方面に1.2km、「三本松古大野」の標識がある交差点を左折し1.2km行くと「←大福寺」の表示板があります。
前回紹介の「古大野神明神社のイチョウ」の神明神社前のスペースに車を置き、少し戻ると「←大福寺」の標識があります。右に折れ小道を50mも登ると石垣の上に大福寺のカヤが見えてきます。
 大福寺は真言宗の寺院で、現在は無住のようです。カヤの木は境内の東西に2本あり、東株は幹周が6m以上ある堂々たる巨樹です。西株も幹周5m以上あり、これほどの巨樹なのにネット上では余り紹介されていません。西株は落雷でしょうか、主幹が途中で折れています。
 奈良の室生といえば観光地・室生寺があり、大福寺とは近いのですが、まったく観光客は来ないようで、静かな秋の山里を満喫できました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(古大野神明神社のイチョウ) (塚原のエノキ)
     
奈良県  カ ヤ   新日本名木100選
   
No.1389