(兵庫県宍粟市) 更新:2015年10月(14)
(おのすわ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

小野諏訪神社の大スギ
本殿裏の大スギで、説明板によれば、幹周/4.8m、樹高/40m、推定樹齢/500年。
小野諏訪神社の大スギ
本殿のすぐ裏に立っています。
小野諏訪神社の大スギ(社務所裏)
この大スギは社務所裏に立っています。説明板によれば、幹周/5m、樹高/43m、推定樹齢/500年。
諏訪神社の大スギ(社務所裏)
これも社務所裏の大スギです。こちらの方が少し太いそうです。
小野諏訪神社社殿 社殿、
 背後に
 大スギが
諏訪神社の大スギ説明板 説明板
名称 : 小野諏訪神社の大スギ
所在地 : 兵庫県宍粟市波賀町小野223 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/9/15 小野諏訪神社マップ
指定 : 宍粟市指定天然記念物 (S61年8月28日指定)
アクセス : 山崎から神姫バス「原」行きで「中小野」下車、西に約200m。 【車】中国道・山崎ICから国道29号を北に約19.5km。
一宮方面から国道29号を進み、中小野バス停付近で左折すると、左手に諏訪神社が見えます。神社に入ろうとすると、トタン貼りの獣よけの柵があるので、柵を開けて参道を登ると、社殿の背後と左側の山の斜面に大きなスギが目に入ります。いずれも市の天然記念物に指定されており、推定樹齢500年といわれる直幹の堂々とした巨樹です。まだまだ若く、これから大きくなるでしょう。
 小野諏訪神社の由緒書きによると、この諏訪神社は信濃の諏訪神社(上社、下社)を本社とする神社で、ご祭神は諏訪市の上社と同じ建御名方神(タケミナカタノカミ)。元暦元年(1184年)2月難波彦六が信州諏訪神社より分霊を勧請したものです。難波氏は、武蔵七党の村山党に属する鎌倉時代の御家人 だったといわれています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(小野のアカメヤナギ) (旧石原邸のカヤ)
     
兵庫県  ス ギ   新日本名木100選
     
No.1087