弥栄の樟  (大阪府摂津市) 更新:2009年2月(1)
(やさかのくす) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

弥栄の樟
環境省の巨樹・巨木林DBによれば、幹周/6.32m、樹高/22m。実測すると、幹周/6.9mでした。
弥栄の樟
上の写真とは反対方向から撮ったものです。クスの右に写っている石碑に「弥栄の樟」と書かれています。
弥栄の樟
弥栄の樟 弥栄の樟・石碑
大阪みどりの百選の石碑と大クス 弥栄の樟の石碑
名称 : 弥栄の樟
所在地 : 大阪府摂津市千里丘東5-3-5 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/1/17 弥栄の樟マップ
指定 : なし
アクセス : JR東海道線・千里丘駅下車し西南に500m、徒歩約10分。
弥栄の樟は、天然記念物の指定はありませんが、「大阪みどりの百選」に選ばれています。説明板によると

天保14年(1846年)9月の嶋下郡味舌郷(ましたごう)の図面で金剛院持。と記されている弥栄の樟は、当時この付近も金剛院(千里丘3丁目)の一部であったことを物語っている。かつてはこの地に藤の木八幡神社(中内八幡宮)の社があり、中内八幡宮の歌をうたいながら参詣する人も多かった。
 この八幡宮も明治45年4月、須佐之男命神社に合祀されたが、その当時からひときわめだったのがこの樟である。聖武天皇の天平年間(729〜748年)植樹という伝承があるが、昭和初めに味舌村では「弥栄の樟」と命名し、命名式には芸人を呼び寄せて披露しこの樹を厚く保護した。
 この樟は平成元年4月大阪みどりの百選選定委員会において「大阪みどりの百選」の一つに選ばれた。

 大クスは、小さな児童公園の中にあり、かっては神社の境内だった事が分かります。JR東海道線に近いため電車が次々と通り過ぎていくのが見えます。クスは切られた枝や修復の跡がありますが、全体的には健康そうです。実測では7m近い貴重な大クスです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(石切劔箭神社のくすの木) (真福院のケヤキ)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.199