方違神社のクロガネモチ  (大阪府堺市堺区 ) 更新:2009年1月(3)
(ほうちがいじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

方違神社のくろがねもち
堺市の中心部、ケヤキ通りに面して「方違神社のクロガネモチ」はあります。幹周/3.5m、樹高/6.8m。
方違神社のクロガネモチ
方違神社のクロガネモチ
樹高が余りなく、巨樹とは言い難いのですが。かっては方違神社の参道にあたり、豊かな緑に包まれていたそうです。
方違神社のクロガネモチ
方違神社

(上)方違神社本殿

(右)府指定天然記念物の説明版
方違神社のくろがねもち説明板
名称 : 方違神社のクロガネモチ
所在地 : 大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町3丁 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/1/4 方違神社マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S48年3月30日指定)
アクセス : 南海電車・堺東駅から東に徒歩5分。又は、JR阪和線・堺市駅から西に徒歩10分。
方違え(かたたがえ)の神様として有名な「方違神社」のご祭神は「方違幸大神(かたたがえさちおおかみ)」、及びその他の神様です。
 昔の摂津・河内・和泉、三国の境にあり、いずれにも属さない事から旅に出るときや家を移るときにお参りをすれば、一挙に三国を旅したことになり、おのずと「方違え」をしたことになると考えられてきました。全国でも珍しい神様で、我が家も引越する際にここにお参りに来ましたよ。「方違え」の風習は、陰陽道(おんみょうどう)に基づく考え方で、平安時代に最も盛んに行われた風習です。
 さて「方違神社のくろがねもち」は神社から東に100mほど離れたケヤキ通りにあります。今は樹高も低く、残念ながら巨樹とは呼べないものの、古木として道行く人が止まって見ていきます。
 堺市では100本を超える保存樹木を指定しており、それぞれに石碑を設けており、緑の保護に熱心です。また神社や寺院などの歴史のある施設には日本語・英語が書かれた説明板を設けるなど、緑の保護だけではなく、歴史観光にも力を注いでる事がよく分かります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ  NEXT
(阿保神社の楠) (芝東照宮のイチョウ)
     
大阪府  クロガネモチ   新日本名木100選
     
No.191