(大阪府泉南郡岬町 ) 更新:2009年3月(8)
(ふなもりじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

船守神社のくす
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6.24m、樹高/25m、樹齢/約800年。4本の株立ちとされているようです。
船守神社のくす
船守神社社殿と大クス。根元部分は木の柵で覆われており、どうなっているのか分からない。
船守神社のくす
玉垣はかなり前に作られたようで明治44年の銘がある石柱があった。
船守神社のくす 船守神社のくす
名称 : 船守神社のくす
所在地 : 大阪府泉南郡岬町淡輪4442 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/3/7 船守神社マップ
指定 : 大阪府指定天然記念物 (S48年3月30日指定)
アクセス : 南海本線・淡輪駅から南西に800m、徒歩15分。
船守神社には、紀船守(きのふなもり)、紀小弓宿禰(きのおゆみのすくね)、五十瓊敷入彦命(いにしきいりびこのみこと)の三神が祀られています。平安時代の延喜11年(911年)醍醐天皇の勅令により創建されたと伝えられます。
 近くには五十瓊敷入彦命の墓とされている宇度墓古墳(淡輪ニサンザイ古墳ともいいます)があります。全長170mという大型の前方後円墳で、明治維新前までは紀小弓の墓とされていました。
 大クスは神社拝殿前にあり、四本の楠の根元がくっついたもののようですが、木柵がしてありよく分かりません。四本共に大きく天に向かい枝葉を伸ばしています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(渋川神社のくす) (上許曽神社のスギ)
     
大阪府 クスノキ 新日本名木100選
     
No.216