(京都府綾部市) 更新:2013年6月(4)
(たかくら) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

高倉神社のスギ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5.65m、樹高/33m、樹齢/伝承800年。
高倉神社のスギ
神社の前には駐車場があります。「ヒヤソ踊り」と呼ばれる田楽が奉納されます。
高倉神社のスギ 高倉神社のスギ
少し傾いて伸びています。スギは真っ直ぐに伸びるのが多いのですが。
高倉神社のシラカシ
高倉神社のシラカシ】幹周/5.20m、樹高/12m。治療中です。
高倉神社のスギ
「御神木」と「綾部の古木・名木100」の立て札があります。
高倉神社社殿
高倉神社の拝殿です。なかなか立派な社殿です。京都府の文化財に指定されています。
高倉神社由緒
名称 : 高倉神社のスギ
所在地 : 京都府綾部市高倉町奥路45 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/4/13 高倉神社マップ
指定 : なし
アクセス : JR山陰本線・綾部駅から綾バス篠田桜が丘線で「高倉公園」下車、北に約500m。 【車】舞鶴若狭道・綾部ICから東に約3km。駐車場あり。
高倉神社境内に掲げられている由緒書きによれば、平安時代末期に平氏の横暴に対して挙兵した高倉宮以仁王(もちひとおう)は、源頼政と共に宇治平等院で戦い、敗れて落ち延びる途中で流れ矢に当たり薨去したものとされています。しかし、宮はさらに生き延びて丹波の頼政の領地であったこの地へ難を避けたものの矢傷が重くついには薨去したとあり、翌年神霊を高倉の現在地に奉還し高倉天一大明神として勧請したとあります。以来以仁王を祀ります。
 境内には社務所前に大杉があり、10m程離れてシラカシの巨樹があります。シラカシは幹周5mを超す巨樹ですが、腐朽が激しく今にも倒れそうです。拝殿の奥には夫婦杉もあります。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(大神宮のかごの木・むくの木) (栄宝寺のラカンマキ)
     
京都府 ス ギ 新日本名木100選
     
No.626