(京都府宮津市) 更新:2012年3月(5)
(なりあいじ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

成相寺の逆スギ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/7.30m、樹高/25m。
成相寺の逆スギ
逆スギの周辺は笹が生い茂り歩きにくい。
成相寺の逆スギ
地上1.5mで枝分かれし、3本共に下方に枝を垂らしてします。
成相寺の逆スギ
成相寺の逆スギ・説明板
道路脇に置かれた説明板。
名称 : 成相寺の逆スギ
成相寺の所在地 : 京都府宮津市成相寺339 (逆スギ) ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2011/10/10  成相寺の逆スギ・マップ
指定 : 宮津市指定天然記念物 (S60年1月25日指定)
      京都の自然200選
アクセス : 【車】京都縦貫道・与謝天橋立ICから8km。
成相寺の駐車場からパノラマ展望所に登る道路の途中に「逆スギ」はあります。2011年秋の時点ではパノラマ展望所に至る道路は途中までしか舗装がなく、そこから上は石ころだらけの悪路でした。最近の情報を見ると舗装中とのこと。2012年の初夏には快適に展望所に行くことができるようになっているでしょう。
 「逆スギ」(さかさすぎ)のある場所は、進行方向左手方向を注意していると説明板の立て札があるので分かります。逆スギは道路から20mほど下ったところにあり、かってはこのあたりに旧成相寺があったそうです。寺伝では、応永七年(1400年)の山崩れの難の後、22年をかけて成相寺を現在地に移転したと伝わります。
 スギは枝の付け根の大半が下方に垂れて伸びていることから「逆スギ」と呼ばれており、地上2.5メートルから三本に株分かれして巨大な主幹をなしています。宮津市内のスギの中でも最大のスギで、市の天然記念物に指定されています。ただ写真のように周囲は足場が悪くて、笹とぬかるみで撮影に苦労しました。
 成相寺境内には京都府の天然記念物に指定されている「成相寺のタブノキ」もあります。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(成相寺のタブノキ) (大職冠のクスノキ)
     
京都府 ス ギ 新日本名木100選
     
No.523