(滋賀県守山市) 更新:2011年2月(2)
(とうもんいん) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

東門院のオハツキイチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.52m、樹高/25m、樹齢/伝承500年。
東門院のオハツキイチョウ
東門院は旧中山道沿いにあり、イロハカエデなどの紅葉の名所でもあります。
旧中山道と東門院のオハツキイチョウ
旧中山道の向うに東門院のオハツキイチョウが見えます。街道の風情が残ります。
東門院のオハツキイチョウ 東門院のオハツキイチョウ
東門院山門 東門院五重塔
東門院の山門で旧中山道に面しています。  ●鎌倉時代の石塔で、重文に指定されています。
名称 : 東門院のオハツキイチョウ
所在地 : 滋賀県守山市守山2-2-46 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2010/11/27 東門院マップ
指定 : 守山市指定天然記念物 (H9年4月1日指定)
アクセス : JR東海道線・守山駅から北に徒歩10分。
東門院は平安時代初期の延暦七年(788年)に比叡山の東鬼門を護るために建立されたと伝わる古刹です。江戸時代は朝鮮通信使の宿舎にもなりました。平安中期以前に草創された天台宗きっての名刹であり、「比叡山東門院守山寺」というのが正式な名称です。昭和61年12月の火災で本堂を始め多くの文化財が失われたのが残念です。
 オハツキイチョウはギンナンの一部が葉の上にできる珍しいイチョウの木で、その多くが天然記念物に指定されています。滋賀県では「了徳寺のオハツキイチョウ」が有名で、国の天然記念物に指定されています。
 東門院は旧中山道に沿っており、旧中山道を西から進むと写真のように正面にイチョウの黄葉を見ることができます。イチョウのそばには鎌倉時代の三基の石造宝塔があり歴史の古さを偲ばせます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(華階寺のイチョウ) (比波預天神社のホルトノキ)
     
滋賀県 イチョウ 新日本名木100選
     
No.430