(滋賀県東近江市) 更新:2016年1月(18)
(さいのかみ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

賽神神社のムクノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.80m、樹高/18m。
賽神神社のムクノキ
幹周を実測すると4.14mでした。境内のほとんどがムクノキの樹下に入ります。
賽神神社のムクノキ
塞神神社の道路を挟んだ向かい側には古い太鼓櫓があります。いかにも古の街道筋の雰囲気。
賽神神社のムクノキ
狭い境内に大きなムクノキがどっかとそびえています。
賽神神社のムクノキ
保護樹木説明板 東近江市
 保護樹木説明板
名称 : 塞神神社のムクノキ
所在地 : 滋賀県東近江市中小路町40 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/25 塞神神社マップ
指定 : 東近江市指定保護樹木 (S58年3月17日指定)
アクセス : 近江鉄道・八日市駅からバス永源寺・市原線で「中小路」下車、東に200m。 【車】名神高速道路・八日市ICから県道327号を北東に800m行き、右折し300mで着きます。
塞神神社のご祭神は、八衢比古神(やちまたひこのかみ)、八衢比賣神(やちまたひめのかみ)、来名戸神(くなどかみ)です。八衢(やちまた)とは、文字通り八つ叉の意味で、道が幾つにも分岐する事を表します。道祖神ともいわれている神様です。神社の創始は不明です。
 ムクノキは50平方mの狭い境内のほぼ中央にあり、やや傾いており、枝葉は道路に大きくはみ出しています。根元には空洞が見られますが、集落のシンボルとして、またご神木として親しまれていますので、ぜひ長生きして欲しいものです。
 南東に500mほど行ったところには「開(いびらき)神社のケヤキ」がありましたが、2013年10月に伐採されてしまいました。環境省巨樹巨木林DBでは、幹周4.91m/樹高24mという巨樹でした。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(河桁御河辺神社のケヤキ) (高屋八幡神社のカゴノキ)
     
滋賀県  ムクノキ   新日本名木100選
     
No.1151