(滋賀県東近江市) 更新:2016年1月(20)
(へびづかぜんこうじどう) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

蛇塚善光寺堂のエノキ
現地保護樹木説明板によれば、幹周/4.33m、樹高/10.5m、推定樹齢/350年。
蛇塚善光寺堂のエノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.80m、樹高/11m。
蛇塚善光寺堂のエノキ
現地説明板では、幹周/4.33m、樹高/10.5m、推定樹齢/350年です。根上がりと空洞があり測定が難しい。
蛇塚善光寺堂のエノキ
根元には多くの五輪塔がありました。
東近江市保護樹木説明板
東近江市保護樹木説明板。「エノキ(ニレ科)」で方言で「ヨノミ」とも呼ばれるそうです。
名称 : 蛇塚善光寺堂のエノキ
所在地 : 滋賀県東近江市御園町277 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/25 蛇塚善光寺堂マップ
指定 : 東近江市指定保護樹木 (H10年3月指定)
アクセス : 近江鉄道・八日市駅からバス永源寺車庫行きで「御園」下車、南に100m。 【車】名神高速道路・八日市ICから国道421号を東に2km。狭い旧道沿いで駐車場がないため、国道沿いのコンビニなどを利用して下さい。
高屋八幡神社から西に200mほどの所に蛇塚善光寺堂があります。狭い狭い境内はエノキの巨樹でほぼ占領されています。エノキの幹の根元には大きな空洞がありますが、東近江市の立てた保護樹木の説明板によれば、明治29年の暴風雨により幹を引き裂かれた跡だそうです。
 昔から白蛇の棲むご神木として祀られています。エノキの根元の空洞には小型の五輪塔がいっぱいありました。すぐ近くの旧道沿いには「高屋八幡神社のカゴノキ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(高屋八幡神社のカゴノキ) (今代町八幡神社のケヤキ)
     
滋賀県  エノキ   新日本名木100選
     
No.1153