(三重県桑名市) 更新:2015年11月(18)
(とっとりやまだ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

鳥取山田神社のクス
ネットの情報によれば、幹周/5m、樹齢千余年といわれます。樹高は15mほど。
鳥取山田神社のクス
神社本殿(左)と毘沙門堂(右)の間に大クスが立っています。
鳥取山田神社のクス
根元には石の囲いがありますが、大きな根が石を押しのけてはみ出しています。
鳥取山田神社のクス
ちょっとだけ斜めに傾いて立っています。
鳥取山田神社のクス
名称 : 鳥取山田神社のクス
所在地 : 三重県員弁郡東員町山田1010 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/4 鳥取山田神社マップ
指定 : 指定なし)
アクセス : 三岐鉄道北勢線・東員駅から南に約800m、徒歩約15分。 【車】東名阪道・桑名ICから西に国道421号・県道14号を約6km、東員交番前を左折し南に約1.2km。
鳥取山田神社のご祭神は角凝魂命(つぬごりたまのみこと)で、稲荷・春日大明神の他に明治の合祀令により多くの神社の神を合祀しています。「延喜式」神名帳の伊勢国員弁郡に、「鳥取山田神社」があります。
 大クスは社殿の向かって右側奥にあり、大クスの前には「御神木」と彫られた大きな石碑が建っています。根の廻りには石の囲いがされていますが、大きな根がその石を倒して広がっていました。樹齢千年は無理でしょうが、4・500年の樹齢はあるのではないかと。腐朽もなく健康な大クスで、これからも大きくなるでしょう。
 大クスの右には毘沙門堂があり、本尊の毘沙門天は昔は員弁寺の塔頭であった法明寺の七堂伽藍の中にありましたが、天正年間の織田信長の北勢攻めのとき兵火に会い、焼失寸前に村民の手で救い出されたといいます。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(芳ヶ崎のクロガネモチ) (北山経塚の大ヒノキ)
     
三重県  クスノキ   新日本名木100選
     
No.1111