(三重県桑名市) 更新:2015年11月(17)
(はがさき) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

芳ヶ崎のクロガネモチ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/3.25m、樹高/18m、樹齢300年以上。
芳ヶ崎のクロガネモチ
枝張りは東西24m、南北23m。見事な傘状で、道路が傘の下にすっぽりと入ります。
芳ヶ崎のクロガネモチ
クロガネモチは雌雄異株ですが、この樹は雄株です。根が道路にはみ出ています。
芳ヶ崎のクロガネモチ
もう少し周囲にスペースがあればよいのですが、
芳ヶ崎のクロガネモチ
クロガネモチは瘤(こぶ)があったりして、非常に面白い樹形をしていますね。
芳ヶ崎のクロガネモチ
芳ヶ崎のクロガネモチ 説明板
名称 : 芳ヶ崎のクロガネモチ
所在地 : 三重県桑名市芳ヶ崎1003 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/10/4 芳ヶ崎のクロガネモチ マップ
指定 : 桑名市指定天然記念物 (S41年11月22日指定)
アクセス : 三岐鉄道北勢線・七和駅から北東に約200m、徒歩3分。 【車】東名阪道・桑名ICから国道421号を西に約3km、七和小学校前交差点を左折し約400m。
天皇八幡社の参道横にあり、御神木として大切にされているとありますが、道路に近く、根がアスファルトに食い込んでいます。きれいな笠型の樹形をしており、大きな樹冠を誇っています。雄株ですので、冬に赤い実のなる雌株とは違うので。
 クロガネモチは、地上4mあたりで10本ほどの枝に分かれていますが、その枝の形状が着生植物もあり、何とも奇妙で素晴らしいですね。
 ただ樹下は生活道路で、車が行き交うので、大型のトラックによって枝が折られたこともあるようで、よく見ると枝が何本か切られています。車高の高さ制限の注意も必要ではないかと。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(円通寺の大イチョウ) (鳥取山田神社のクス)
     
三重県  クロガネモチ   新日本名木100選
     
No.1110