(三重県紀北町) 更新:2016年6月(11)
(ながしま) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

長島神社のクスノキ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/10.10m、樹高/40m。樹齢は伝承1000年。
長島神社のクスノキ
大クスを横から見た写真です。根元からツバキの木が生えており、花を咲かせていました。
長島神社のクスノキ
石垣にへばりつくように生育した大クスですが、ダイナミックな根元が魅力です。
長島神社のクスノキ
重量感があります。
長島神社のクスノキ
長島神社のクスノキ
長島神社社殿 長島神社社殿
 左にも大クス
由緒 由緒書き石碑
名称 : 長島神社のクスノキ
所在地 : 三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区長島1406-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/3/30 長島神社マップ
指定 : 三重県指定天然記念物 (S38年9月12日指定;社叢)
アクセス : JR紀勢本線・紀伊長島駅から約1.6km、徒歩約20分。 【車】紀勢道・紀伊長島ICから国道422号を南東に0.6km、東長島南交差点を右折し国道42号を1.5km。長島トンネルを出たらすぐに左折し350m。神社の駐車場があります。
長島神社の祭神は武速須佐之男命など。神社の創始については明らかではないのですが、社名や鎮座地については古来から現在まで変わらずに存続してきたと伝えられています。神社社殿は伊勢神宮と同じように20年毎に作り替えられます。「御造営祭」と呼ばれるお祭は、5月と11月の2回に分けられ、5月のものは「御木曳」と呼ばれます。前回のお祭りは平成23年でした。
 大クスは神社参道の左手にあり、長い年月を経た証拠である深い縦のしわが入り、その樹瘤は「安らかに眠る赤ん坊の寝顔」のように見えると言われています。うーん、おじいさんの皺にも見えるなー。かなり急な斜面に生育しており、環境省巨樹巨木林DBの幹周は、どこを測ったのかな。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(豊浦神社のクス・バクチノキ) (大内山八柱神社のスギ・アラカシ)
     
三重県  クスノキ   新日本名木100選
   
No.1249