(三重県尾鷲市) 更新:2016年6月(3)
(みきさと) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

三木里海岸のクロマツ
三重の樹木百選によれば、幹周/4.47m、樹高/13m。樹齢約300年。
三木里海岸のクロマツ
14本のクロマツがあるそうですが、説明板のある側のクロマツが最も大きそうです。
三木里海岸のクロマツ
右側が海岸で、夏は海水浴場になります。
三木里海岸のクロマツ
防波堤に沿って植えられたクロマツの並木
三木里海岸の松原 説明板 「三木里海岸の
 松原」説明板
三木里地区の案内板 三木里地区の
 案内板
名称 : 三木里海岸のクロマツ
所在地 : 三重県尾鷲市三木里町275-43付近 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/3/30 三木里海岸のクロマツ マップ
指定 : 尾鷲市指定天然記念物 (S48年7月17日指定)
      指定名称は「三木里海岸の松原」として一括指定。
アクセス : JR紀勢本線・三木里駅から東に約900m、徒歩18分。 【車】熊野尾鷲道路・三木里ICから1.8kmで左折し、国道311号を150m行き、右折すると公園駐車場があります。
宝永4年(1707年)10月4日に、東海地震、東南海・南海地震が同時に発生し、地震の規模はマグニチュード8.6という巨大地震であったと推定されています。この大地震と大津波で、当時徳川紀州藩の領地だった尾鷲でも五百人以上が犠牲になったといわれています。その5年後の正徳2年(1712年)に、紀州5代藩主であった徳川吉宗が、防風・防潮林としてクロマツを植林させたものです。
 古木としては7本が残るそうですが、説明板の左横にあるクロマツが最も大きそうでした。三木里海岸は白砂青松の砂浜で、尾鷲市では唯一の海水浴場です。三木里の集落を「三木里神社のスギ」に向かって歩いていると地区の案内図がありました。ここでは「吉宗松」と表示されています。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(曽根飛鳥神社のクスノキ・スギ (三木里神社のスギ)
     
三重県  マ ツ   新日本名木100選
   
No.1241