(三重県尾鷲市) 更新:2016年6月(4)
(みきさと) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

三木里神社のスギ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/6. 00m、樹高/25m。樹齢1200年以上といわれます。
三木里神社のスギ
傾斜地に立っており、根元にはとても近づけません。
三木里神社のスギ
鳥居から石段の右側の樹木は最近切られたようです。手前の鉄道橋を渡ります。
三木里神社のスギ
下の方の枝は折れたようです。直接海からの風が当たりますので。
三木里神社 神社の社殿
三木里神社から 神社境内から見る三木里の集落。紀勢本線の線路が下に見えます。
名称 : 三木里神社のスギ
所在地 : 三重県尾鷲市三木里町558 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2016/3/30 三木里神社マップ
指定 : なし
アクセス : JR紀勢本線・三木里駅から東に約1km、徒歩20分。 【車】熊野尾鷲道路・三木里ICから1.8kmで左折し、国道311号を150m行き右折すると公園駐車場があります。ここから歩いて10分程度。
境内にある由緒書きでは、元は三木里神社にありましたが、享保7年(1722年)に現在地に鎮座されたことが棟札で分かります。海岸にあった社殿は宝永4年の大地震と大津波により流されました。また近世までは貴布禰神社と呼ばれていたそうです。当社の創祀については、詳細は不明ですが、元和元年(1165年)には三木里浦に御殿造営の記録があり、それ以前の創始であることが推定されます。
 神社に行くには神社の駐車場がないので、海岸の公園駐車場に車を駐車し、紀勢本線の鉄橋を渡り石段を登ります。集落のどこからでも神社が見えますが、参道にたどり着くのが大変です。大杉は石段の左手の急斜面にあり、下の方の枝は折れています。また石段右手の樹木がほとんど最近切られたようで、鎮守の森が寂しくなってしまいました。結構大きな切り株もあります。
 駐車場のある海岸の公園には「三木里海岸のクロマツ」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(三木里海岸のクロマツ) (九木神社樹叢の楠)
     
三重県  ス ギ   新日本名木100選
   
No.1242