(三重県多気郡多気町) 更新:2014年7月(16)
(まえむら) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

前村の大クス
現地説明板によれば、幹周/7.5m、樹高/36m、樹齢/推定600年。
前村の大楠
左に見える線路がJR紀勢本線です。大楠の前には小祠が祀られています。
前村の大楠
道路下から見るとその太さがよく分かります。
前村の大クス
前村の大クス
大楠の前には小祠が祀られています。
大楠 説明板 大楠の説明板
名称 : 前村の大楠
所在地 : 三重県多気郡多気町前村379-2 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2014/5/2 前村の大楠マップ
指定 : 多気町指定天然記念物 (H1年12月15日指定)
アクセス : JR紀勢本線・佐奈駅から南西に約1.5km、徒歩約30分。 【車】伊勢道・勢和多気ICから国道42号を北西に約1.5km。県道150号との分岐を過ぎて100mほどを左折し、踏切を渡り線路沿いに北東に100m程。
勢和多気インターから国道42号を走り、左折して踏切を渡り町道を進むと大楠が見えます。町道は狭いので駐車には注意を。町天然記念物指定名称は「大楠」ですが、地名を入れて「前村の大楠」と呼ぶことが多いようです。
 クスノキの前にある説明板によると、「この地一帯は北畠家及び南朝派一族の隠匿地と言われ、神祇を奉祀して王朝の興復を企図した。その後時勢の変遷を受け里人が忠臣の遺蹟を後世に伝えるために一老樹を保存し、記念の表徴として来た。かくて樹木を神木として偉霊の実在を信仰し、小祠を祀って霊木の保存をはかっている。樹齢は推定約600年 多気町教育委員会」とあります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(朝田寺のクスノキ) (佐那神社の夫婦杉)
     
三重県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.824