(三重県津市) 更新:2016年5月(18)
(けんもつ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

監物イチョウ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/4.75m、樹高/22m、樹齢/約400年。
監物イチョウ
イチョウのある場所は津市中心部、幹線道路の交差点の一角です。
監物イチョウ
やはり交通に支障があるためか結構枝先が切られています。
監物イチョウ
交通量が非常に多く、車が写らない写真が撮れません。待っていたら日が沈みます。
古河の大いちょう説明板
「古河の大いちょう」(監物イチョウの別名)の説明板。
名称 : 監物イチョウ
所在地 : 三重県津市西丸之内40-22 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2015/12/8 監物イチョウ マップ
指定 : なし
アクセス : 近鉄名古屋線・津新町駅から北に約400m。 【車】伊勢道・津ICから県道42号を約3km。
監物イチョウは「古河の大イチョウ」とも呼ばれます。説明板にもあるように、このイチョウは江戸時代藤堂監物(とうどうけんもつ)の屋敷にあったために「監物イチョウ」といわれます。藤堂監物は津藤堂藩の重臣でしたが、明治3年10月に起こった監物騒動(庚午の事変)で、当時長谷部一(はせべはじめ)と改称していた監物はその責めを負い27才の若さで切腹しました。
 またこの木を切ろうとした人は指が腐ってしまうとか、原因不明の発熱を起こして寝込んでしまうという話があります。監物の霊が宿っているためかも知れませんが、おかげでこんな町中でも切られずに残りました。
 市役所も近く大変交通量の多い交差点で、写真にはどうしても車が入ります。日暮れも近くなり、車が途切れるのを待っていると陽が落ちてしまいます。ゆえに写真には車が写り込んでいます。ご容赦を。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(本楽寺のイチョウ (瀧原宮のスギ)
     
三重県  イチョウ   新日本名木100選
   
No.1236