(三重県鈴鹿市) 更新:2013年4月(2)
(かわまた) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

川俣神社のスダジイ
環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周/5. 50m、樹高/20m、樹齢/推定5〜600年。
川俣神社のスダジイ
背は低いのですが、複雑に絡まった枝が特徴です。
川俣神社のスダジイ
広い境内に1本だけ柵に囲まれています。後方の家が白いので写しにくい被写体です。
川俣神社のスダジイ
川俣神社のスダジイ
樹下から眺めると幾本もの枝が絡み合っています。
川俣神社のスダジイ
川俣神社のスダジイ説明板
川俣神社
旧東海道に面した川俣神社の参道入口。
庄野宿資料館 庄野宿資料館
庄野宿資料館  ●広重の浮世絵(庄野宿資料館前)
名称 : 川俣神社のスダジイ
所在地 : 三重県鈴鹿市庄野町12-27 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2013/3/16 川俣神社マップ
指定 : 三重県指定天然記念物 (S44年3月28日指定)
アクセス : JR関西本線・加佐登駅から南西に約1.2km、徒歩約20分。  【車】東名阪道・鈴鹿ICから県道27・637号を南に7km、「汲川原町」を左折し400m。駐車はコンビニに。
東海道・庄野宿は歌川広重の浮世絵・東海道五十三次「庄野白雨」で有名です。先日も朝日新聞夕刊の記事に出ていましたが、広重の五十三次の中でも最高傑作といわれてます。急な夕立に街道を上り下りする人々の瞬間の動作を描いており、急な坂道とバックの風に大きくなびく二重の木立、角度を変えて描かれた雨の線、駕籠から小さく覗く客の手の強く握られている様など、傑作といわれるゆえんです。でも庄野宿あたりにはこんな風景になるような坂道はないのですが。
 庄野宿資料館の前にも「庄野白雨」の浮世絵が看板で紹介されていました。川俣神社はその庄野宿資料館から西に200mほど行った旧東海道沿いにあります。スダジイは境内の東隅にあり、背丈は低く丸い樹冠を形作っています。
 幹周は5mほどですが四方八方に枝を広げており、樹下に入り見上げると枝と枝が絡み合うように伸びているのが分かります。庄野宿の名所の一つです。
(HP管理者)

BACJK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(白子不断桜) (阿自賀神社のスダジイ)
     
三重県  シ イ   新日本名木100選
     
No.605