大田の大樟  (愛知県東海市) 更新:2008年6月(1)
(おおたのおおくす) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

大田の大樟
東海市大田の大宮神社にある楠の巨樹。説明板では、幹周/約10m、樹高/12m。環境省DBでは幹周は9.45mです。
大田の大樟
東側は空洞と腐朽が目立ちます。主幹が失われているようですが、三本の大枝が大きく伸びています。
大田の大樟
樹高は低いものの横に大きく張った枝は貫禄十分です。
大田の大樟
名称 : 大田の大樟
大宮神社の所在地 : 愛知県東海市大田町上浜田138 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2008/1/26 大田の大樟マップ
指定 : 東海市指定天然記念物 (S43年6月30日指定)
アクセス : 名鉄常滑線・太田川駅下車、北東へ約500m、徒歩約10分。
名鉄常滑線・太田川駅から北東に向かい、大宮橋をわたると大宮神社の社叢が見えます。鳥居を入ってすぐ前にある巨樹が「大田の大樟」です。大きな根元から三本の大枝が絡まるように伸びていて、複雑な樹形をしています。また根元には幹を貫く空洞が開いていて、その空洞には「楠王大龍神」が祀ってあります。
 大樟からは名鉄(名古屋鉄道)の電車がよく見えます。東海市はこの大田の大樟を市のシンボルにして、樟を「市の木」に定めました。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(村上社のクスノキ) (阿志都弥神社・行過天満宮のスダジイ)
     
愛知県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.125