(静岡県熱海市) 更新:2011年2月(4)
(ゆぜんじんじゃ) 巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

湯前神社のクスノキ
大クスの前にある説明板では、幹周/7.2m、樹高/17m。大きな空洞があります。
湯前神社のクスノキ
湯前神社の鳥居前。左にある古木が市天然記念物のクスノキ。源泉の大湯は右の方にあります。
湯前神社のクスノキ
湯前神社本殿

説明板
手水

(上)石段前の手水。温泉がかけ流し

(左上)湯前神社本殿

(左下)湯前神社のクスノキ説明板
名称 : 湯前神社のクスノキ 湯前神社マップ
所在地 : 静岡県熱海市上宿町4-12
撮影日 : 2011/1/11
指定 : 熱海市指定天然記念物 (S52年4月25日指定)
アクセス : JR伊東線・来宮駅下車、約200mほど下ります。
湯前神社は奈良時代の天平勝宝元年(749年)、祭神である少彦名神(すくなひこなのかみ)が、小童に神託して当地の温泉の効能を示したといわれます。鳥居の前の右方20mほど離れたところには、いまでも湯気を上げている熱海温泉の最初の元湯といわれる大湯があります。関東大震災以前は、猛烈な勢いで噴出していた間欠泉だったといいます。
 クスノキは樹幹の半分ほどが焼失していますが、樹勢はきわめて旺盛と説明板には記されています。場所は温泉街の中、細い坂道の途中にありますから、少しわかりにくい場所かも。手水鉢に落ちる水はお湯でした。訪問したのが寒い日でしたから暖かいお湯が有り難かったです。
 来宮駅に行く途中には、日本で二番目の幹周を誇る巨樹「阿豆佐和気神社の大クス」があります。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(比波預天神社のホルトノキ) (省光寺のイチョウ)
     
静岡県 クスノキ 新日本名木100選
     
No.432