富士六所浅間神社の大クス  (静岡県富士市)
(ふじろくしょせんげんじんじゃ) 更新:2009年7月(1)
  巨樹と花のページ・トップ  都道府県別リスト  樹種別リスト

富知六所浅間神社の大クス
大クスの前にある富士市教育委員会の説明板では、幹周/13m、樹高/15m、推定樹齢/1200年。
富知六所浅間神社の大クス
正面から見ると立派な幹ですが、裏から見ると大きな空洞があります。
富知六所浅間神社の大クス 富知六所浅間神社の大クス
空洞部分。手前にはかっては一体であった幹の残骸が。 古木らしく着生植物がいっぱい。
富知六所浅間神社 富知六所浅間神社の大クス
富知六所浅間神社の本殿。 大クスの全体写真。大クスの前では皐月展をしていた。
名称 : 富知六所浅間神社の大クス
所在地 : 静岡県富士市浅間本町5-1 ○地図リンク提供:マピオン
撮影日 : 2009/5/30 富知六所浅間神社マップ
指定 : 静岡県指定天然記念物 (S30年4月19日指定)
アクセス : JR東海道本線・富士駅から吉原中央駅行きバスに乗り、「弥生町」で下車、徒歩3分。
通称では「三日市浅間神社」と呼ばれています。大山祇命(おおやまづみのみこと)を主祭神に、木花之佐久夜比賣命など六柱を祀っています。社伝では孝昭天皇2年の創建とされ、当初は富士山腹に祀られていましたが、富士山の噴火の影響で延暦四年(785年)に現在地へ遷座し、以来1200年を経ているという古社です。
 大クスは神社の御神木として本殿の右手にあります。 主幹は2つに分かれており、生き残った幹の直径は6m余を測るとのこと。丸く太った根元部分からV字状に2本の支幹が伸びています。古木ですが枝葉の繁りもよく、御神木としてこれからも大事にして欲しいものです。
(HP管理者)

BACK 巨樹と花のページトップへ NEXT
(佛光寺のイチョウ) (堂の杉)
     
静岡県 クスノキ 新日本名木100選
     
No,249